​波動を引き上げる方法

人のエネルギーフィールドは、人の意識にリンクしており、その波動は人の観念や感情、世界の認知の仕方に大きな影響を与えます。古来からあるヨガや瞑想などの宗教的実践は、人のエネルギーフィールドを浄化し、周波数を上げ、意識の変容を促し、生きることの苦しみからの解放を目指すものです。

ここでいくつかエネルギーを浄化し、その波動を引き上げる手法を挙げてみたいと思います。

 

 

1、 楽しいと感じることをすること

 

楽しいことをしているときは、当然、前向きな思考や軽やかな感情が支配的になり、真の自分自身を表現している状態ですから波動は上昇します。なるべく多くの時間を楽しいことや真に自分のやりたいことに使って下さい。

仕事の都合などで必ずしも自分のやりたいことでないことをするときは、なるべくそれを楽しくできるように工夫してみましょう。

 

 

2、 瞑想

 

仏陀が瞑想によって悟りを開いたように、瞑想は古くからある意識の波動を引き上げる方法です。

思考が落ち自己の内面深くに集中した状態を三昧(サマディ)と言いますが、この状態を維持することで、内なる神(真我)のエネルギーを自己のエネルギーフィールドと共鳴させ、意識の変容を促すことができます。

すべての人は、その内側に神聖なエネルギーを宿しているのですが、普段は思考などの自我の働きによって打ち消され、それを感じることができません。瞑想は内面深くに集中することで自我の働きを鎮め、内なる神性の顕現を目指すものです。

この手法はとても効果的で実践してみる価値があるものですが、深い瞑想状態に入れるようになるには、それなりのトレーニングと経験が必要です。ですが瞑想に慣れてくると、深い瞑想状態を維持できるようになり、その感覚の素晴らしさに気付くと思います。

 

サマディにまで至らなくとも、イメージを使うエネルギーワークも効果的です。

エネルギーはイメージに従うので、イメージを操作することでエネルギーの変容を促すことができます。

例えば、「無条件の愛」や「無条件の受容」といった感覚をイメージします。人によってイメージされるものは違いますが、白や黄金の神聖な光が自分の内側から現れて、その光に包まれるといったイメージが出てくるかもしれません。そのイメージを保ち、その光が体の全細胞に行き渡る様子を見て感じて下さい。

この感覚を維持すると、体の全細胞のエネルギーに高い波動の共鳴が起こります。

愛と受容の感覚を呼び起こし、それと共鳴するという体験を繰り返し、その感覚を強めていくと、エネルギーフィールドもそれに呼応して高い周波数で振動するようになります。

 

 

3、 ボディーワーク

 

過去生のものも含め、過去の辛い経験やトラウマ、深く傷ついた感情などは、身体の細胞に抑圧された感情エネルギーの滞りとして保存されています。このエネルギーは意識の波動を引き下げ、認知の歪みの原因となるだけではなく、生命エネルギーの流れを遮り、細胞に不健康な緊張を生み出して病気を引き起こす原因ともなります。

ヨガやダンスのようなボディーワークは、身体の動きを使って生命エネルギーの流れを引き起こし、滞った感情エネルギーを浄化する作用があります。

こうしたボディーワークを生活の一部として習慣化すると、少しづつエネルギーフィールドが浄化され、意識の波動が上昇していきます。

 

 

4、 セラピー

 

恐怖やトラウマは波動上昇を妨げる原因となるものですが、感情解放テクニック(EFT)は、これらを浄化することができます。波動上昇を実現するためには、穏やかなプロセスであろうと、急進的なプロセスであろうと、恐怖とトラウマの解放は必ず通らなければならない道です。

恐怖やトラウマに向き合うことは、感情的にとても辛いことなので、なるべく避けたいと思うのが自然なことですが、EFTは自分ひとりでできるので、自分のタイミングで内面深くを見つめながら、自分の囚われている恐怖や感情の痛みを解放することができます。

自己ワークと並行して経験のあるセラピストの手を借りると、より早く深く効果的に浄化が進むでしょう。

    © 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com