認知論

非二元をベースにした

認知の仕組み

認知論

非二元(悟り)をベースにした認知の仕組み

エネルギーフィールドを参照した世界

私たちは波動の現実を生きています。私たちの意識はエネルギーとしてあり、身体とその周りに場(フィールド)を形成しています。・・・続きを読む

思考との同一化について

私たちの認識する世界は本質的に意味から中立なものであり、あらかじめ決まった意味を持っていません。・・・続きを読む

投影をという意味付けを生み出すもの

ストレスを感じる状況は、職場の人間関係や親子関係、仕事、将来への不安などさまざまありますが、そうした状況自体が必ずしも・・・続きを読む

波動の変化とビリーフの変容

人は自己イメージや世界の成り立ちなどについて、中核となる信念(コアビリーフ)を持っており、このコアビリーフを基礎として・・・続きを読む

願望実現の投影論的解釈

出来事は意味から中立なものであり、苦しみは出来事そのものによってではなく、その出来事に対する解釈や思い込みによって起こります。・・・続きを読

瞑想・ボディーワーク・セラピーなど

人のエネルギーフィールドは、人の意識にリンクしており、その波動は人の観念や感情、世界の認知の仕方に大きな影響を与えます。・・・続きを読む

    © 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com