​クンダリーニ

クンダリーニ・エネルギーとは何か

意識が非二元領域(存在レベル)へ移行するにともないクンダリーニ・エネルギーの本格的な覚醒が始まることがあります。

意識はエネルギーとしてあり、生命エネルギーとリンクしていますから、意識がより高い領域への移行するにともない生命エネルギーもまた活性化します。これは自己と無限のものの結びつきを示す神我のエネルギーです。自我を持つ1人の人間が「存在のすべて」との結びつきを取り戻したとき、そのエネルギーが第1チャクラから流入します。

クンダリーニ・エネルギーは人の潜在能力を引き出し、人を癒し、人の意識を拡張する力を持っています。

クンダリーニ覚醒の症状

 

クンダリーニ覚醒の具体的な症状としては、まず会陰(第1チャクラ)において、想像を超えるほどの強度で生命エネルギーが発生します。私の個人的な経験ですが、本格的な覚醒が始まってからの約半月は、そのエネルギーの強さからほとんど眠ることもできず、その後、約一年半に渡って会陰部分にピリピリとした強いエネルギーが留まり、その期間は強烈な心身の苦しみが継続しました。

肉体面においては、何か月も咳が止まらなくなったり、エネルギーブロック周辺で痛みや発熱が起こり、大量の膿の排出が続きました。また、疲れや倦怠感が強くなりベッドから何日も起き上がれなくなったり、下痢の症状が続くこともありました。

会陰で発生した強力なエネルギーは、まず第2チャクラへ向かうので、クンダリーニの覚醒とともに性的衝動が強くなります。人の生命エネルギーは、まず最初に生殖衝動へと向かうのです。人が性的衝動として感じるエネルギーは、それを引き上げることによって各チャクラを活性化し、深い愛情や鋭敏な思考、新たな創造性、さらには自己超越へとまで導きます。

 

精神面においては、感情の苦痛が継続し、恐怖心が心の底から湧き上がってきたり、幼少期の辛かったことや、おそらく前世と思われる辛かった経験などが、ビジョンや感情としてよみがえってきます。また、何の理由もないのに突然怒りがこみ上げてきたり、号泣することもあります。

 

浄化作用

 

本格的な覚醒の始まったクンダリーニ・エネルギーは、心身の強制的な浄化を行うので、ときに人を極めて危険な状態にまで追い込みます。

過去生から持ち越したであろう潜在意識の奥深くに眠っていた恐怖やトラウマなどが、浄化作用とともに表面化し、見たくないと逃げていた心の闇に直面させられます。それはひたすら心身の強烈な痛みを感じながら、心の闇と向き合うという作業です。

加速された波動によって、半ば強制的に、まだ準備ができていない統合のプロセスに直面させられます。意識の波動を上げていくためには、恐怖心やトラウマなどの心の闇に向き合い、それを解放するという作業が不可欠なのです。

それはあなたを制限していた心の檻を取り払うことであり、より喜びに満ちた経験を可能にし、病気を癒すことを後押しします。

 

こうした症状への対処方法としては、ジョギングや水泳などをして多くのエネルギーを流すこと、心身共に疲弊し運動が困難なときは、サウナに行き汗を流すことが症状を緩和させます。

エネルギー的な変化が起きている時期には、規則的に運動することは欠かせません。大量のエネルギーが身体に流れ込んでくるときにじっとしていたら、余分なエネルギーが身体にたまってしまい、感情的な不快感がつのっていきます。

また、ヨガをすることで骨格の歪みを矯正し、身体の各所の固着した筋肉や関節を解放して、エネルギーが流れやすくすることが効果的だと思われます。

また、浄化のプロセスにおいては、体の毒素の排出が促進されるので、水を多く飲むことでそのプロセスを助けることも重要です。

精神面においては、深くゆっくりとした呼吸や瞑想を使って心の深い部分に入っていき、未解決の問題や恐怖のコアに向き合ってください。

 

浄化のプロセスは心身共にかなり辛い経験になると思います。それを治してくれる医師はいませんし、プロのヒーラーであってもクンダリーニ覚醒の経験のある人は限られており、その対処法を知っている人はあまりいないと思います。

文献をあたってみても一般論のようなものばかりで、具体的にその意味と対処法を書いてあるものは多くはありません。

基本的に自分で対処するしか方法はないのですが、ヨガやダンスなどのボディーワーク、瞑想、排毒効果のある食事など、自分に合っていると思われるものを試してみてください。

    © 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com