苦しみの終わり

​悟りのパラダイムについて

苦しみの終わり 
悟りのパラダイムについて

極性を統合する

私たちの住むこの世界は、「善と悪」「光と闇」「自と他」「男と女」というような二元性の世界としてあります。この相対する2つのものが・・続きを読む

ただ「在る」こと

意識の波動が上がり、自分自身にも、自分自身を取り巻く世界にも否定すべきことがなくなり、なにものも裁くことがなくなると・・続きを読む

受容と今ここの関係性

ありのままの現実を無条件に受け入れた存在レベルの意識状態においては、意識は自然と

「今ここ」へと焦点を当てるようになります。今ここが常に最善の・・続きを読む

​「恐れを動機とした欲望」と「純粋欲望」

欲望について洞察を深めるとき、欲望を「怖れを動機にした欲望」と「純粋欲望」の

2つに分けると理解が深まります。この2つは多くの場合重なり・・続きを読む

意識が非二元領域(存在レベル)へ移行するにともないクンダリーニ・エネルギーの

本格的な覚醒が始まることがあります。意識はエネルギーとしてあり・・続きを読む

クンダリーニ・エネルギー覚醒の意味

瞑想の効用と手法

瞑想は意識の波動を引き上げるのに役立ちます。深い瞑想状態に入ると粗雑な思考が

鎮まってきます。すると自我の感覚によって覆い隠されていた本来の・・続きを読む

動画資料

    © 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com